ESTAをやらない選択はあるのか?

ESTAをやらない選択はあるのか?

元々収入もあってそんなお金に困ってない人は個人的にはESTAをやる必要性はないと思います。

もちろんやる気があってお金を増やしたいという人なら別ですけど、そんなにやる気がない人に無理やりさせるのはないはずです。

でもESTAは簡単に稼げるので、知識としてどういうものかと知っているといつか必要なときに使えると思います。

確かに生活を維持するための手段はたくさん持っていたほうがいいですからね。実際に生活水準を維持する方法を考えましょう。

ESTA(エスタ)公式ホームページへ

生活のレベルをどうするのか?

お金が一定でもらえるのなら、生活のレベルを維持するのは難しくないです。

でも、収入が減ってしまうなどが発生したときにどうするか考える人は多いと思います。

仮に収入が減ってしまった場合はどうしたらいいのでしょうか?

生活水準を下げる

大きな決断になりますが、経済的に余裕がないと生活を維持するために働くようになり、精神的にも負担が大きくなってきます。

新しいことへのチャレンジもできなくなる危険性もあるのは理解できるはずです。

ということなのでいっそのこと生活水準を下げてしまうという考えもあるかもしれません。

今の生活で無意識に買っている無駄なものや高すぎる固定費、家の中で眠っている使わない商品たち。見直してみるとまだまだ省けるものがあるはずです。

ブランドものであったり高い服を買わなくてもオシャレはできますし、高い食事をしなくても安くて美味しいお店はたくさんあります。

無駄で必要なないものは省いていけば生活レベルを下げても楽しく生活できたりします。

収入を増やす

ESTAなどの副業をして生活を維持する方向に考えたほうがストレスもたまらない可能性が高いです。それに自分が今以上に頑張らないといけないということになります。

でも普通の副業に比べてESTAは優しいので必要以上に追い込むことはいらないと思います。

生活水準を下げると言うと、「そこまで無理したくない!」「なんのために働いているかわからない!」とかになってしまう人は多いですからね。

自分の使える範囲のお金を増やしていくのはいいかもしれません。

まとめ

経済的にも精神的にも窮屈でも考え方によっては何とかなるってことがわかったと思います。

ただなかなか人間というのは考えを変えるのは難しいですし、そうすると生活水準を下げるに振り切るのは難しいかもしれません。

それなのでESTAじゃなくてもいいので、稼げる手段を持っているのはいいと思います。ESTAが稼げる手段の中では一番いいとです。

ESTA(エスタ)公式ホームページへ
TOPページを見る