どうしてお金が貯まらないのか?

どうしてお金が貯まらないのか?

無駄遣いをしているつもりがないのに、思ったように貯金ができない。そう感じている人は多いのではないでしょうか。

お金を貯められない人には共通点があります。

私もそこまで無駄使いはしていないのに全然お金が貯まらないどころかたまにはマイナスになってしまうこともあったりしました。

家計にシビアな主婦でもなるんですから、誰でもなることは多いかもしれませんね。

お金が貯まらない習慣というのがきっとあるはずなので、そのあたりを見ていきましょう。

ESTA(エスタ)公式ホームページへ

お金が増えない理由

どういう習慣にお金が貯まらないというのがあるのでしょうか?気が付かない間にそういう習慣をしているかもしれません。その習慣とはどういうものなのか見ていきます。

貯蓄の概念が薄い

お金が貯まらない人にありがちなのが余ったら貯蓄するという考えです。

人間は意思が弱いので手元にあるお金を全部使いがちです。

そのため貯金を考えないで余ったら貯蓄するという考えではお金を貯めることは不可能に近いです。

それよりも毎月収入の一部を先取り貯蓄に回し残ったお金で生活した方がお金は貯まります。

整理整頓が苦手

整理整頓ができない人もお金が貯まりにくいです。理由はものの管理がずさんな場合は重複買いなどの無駄な支出が原因でお金が貯まりにくくなります。

これが繋がり、お金の管理がずさんになってしまう傾向が多いです。

そうすると収支のバランスを考えずに使ってしまい、家計が赤字になりがちです。

それを防ぐためにもまずは身の回りの整理整頓を行い、毎月のお金の出入りも整理整頓することが大事です。

買い物が下手

安売りや限定品に弱い人もお金が貯まりにくい人です。安さが購入の動機になりがちだからです。

安さが購入の動機になると必要のないものや消費期限までに使い切れない量を買ってしまいがちです。

その結果廃棄することになればかえって高い買い物になってしまいます。

必要かどうか?で買い物は判断するといいでしょう。

無駄な衝動買いが減ってお金が貯まりやすくなります。

ESTAで問題は解決

お金が貯まらない人の多くは、ふだんの生活習慣に問題があります。まずは自らの生活習慣を見直し、お金が貯まらない生活習慣をあらためることをおすすめします。

そうしていけばお金の貯めやすい人間になります。

それよりもシンプルに稼いでしまえばいいのでESTAでお金の量自体を増やしてしまうのもありでしょう。

ESTA(エスタ)公式ホームページへ
TOPページを見る